2012年11月10日土曜日

大佐山オートキャンプ場:1泊目(2度目)

2012年11月2日

2泊3日で大佐山オートキャンプ場に行ってきました。
大佐山は2度目です。
2日目は子どもが通う幼稚園のお友達家族が遊びに来るという事で凄く楽しみです。

今回、OutLandというアウトドア情報サイトで、1泊無料券が当選していたのでそれを使用しました。
無料券
更に、大佐山のキャンペーンで500円割引×6枚を使用し格安で泊まる事が出来ました。
ブログを作成した場合、1泊の掲載につき1,000円の割引券がもらえます。
2013年1月31日申請分まで有効のようなので、ブログを作成している人は申請してみてはいかがでしょうか。

今回のキャンプ、申し込んだ時点で分かっていたのですが初日は私達家族だけです・・・
色々な恐怖を感じながら16時頃キャンプ場に着きました。
覚悟はしていましたがかなり寒く10℃くらいだったと思います。
到着

区画サイトには区画ごとに水道と電源が用意されているので凄く便利です。
写真右端の小さな白いボックスが電源ボックスです。
10mの延長コードなら余裕で届くと思っていましたが、左のアストロドームまでで丁度でした。
20m買っとけば良かったです。
サイト

アスレチック場に飽きた子どもは、鋸で薪を切り始めました。
ちなみに鋸の扱いは今回が初めてです。
まききり
この鋸はロゴスの7WAYショベルツールです。
歯の切れ味が非常に悪いので子どもには丁度良いかも知れません。
ただ、あまりに切れ味が悪いと逆に怪我をしやすいのでその辺りは注意が必要です。
キャンプは、このような普段味わえない事が出来る良い機会です。
僕はこういうのが凄く好きです。

初日のキャンプ場には、私達家族しか居なかったので
アスレチックが使い放題、焚き火し放題、周りを気にせず楽しめたのですが、静か過ぎて怖かったです。
8時を過ぎた頃には辺りは真っ暗でした。
とりあえず暖を取るために焚火をしましたが、それでも寒かったので早々にアストロドームの中へ退避しました。
焚火

夜は冷え込んだため、テントには電気敷き毛布2枚と暖話室1台を持ち込みました。
これらの電気製品があったお陰で何とか寒さを凌ぐ事が出来ました。
夜中どれだけ冷え込むのか凄く不安です。

2日目へ

☆妻のキャンプブログ☆←妻もブログをしています。良かったら見てください。






2012年11月9日金曜日

大佐山オートキャンプ場:2泊目(2度目)

2012年11月3日

私達家族だけで不安でしたが、無事朝を迎える事が出来ました。
誰も居ないキャンプ場はやはり怖かったです。

今晩はシーフードカレーを作る予定なのに、肝心のシーフードを忘れてしまいました。。。
なので、キャンプ場から車で5分程度の場所にあるボンエースというスーパーに行きました。
何か忘れたらここのスーパーを頼りましょう。何かと揃います。
冷凍のシーフードミックスも無事手に入りました。
ちなみに営業時間は10時~19時のようです。
ボンエース

そうこうしていると、お友達家族が到着しました。
子ども達はずっとアスレチック場で遊んでいました。
やはり同年代のお友達と遊ぶのが一番楽しいようでした。
区画サイトは奥行きが十分に有るので、車を2台縦列駐車で止めることが出来ました。
子ども達が遊んでいたアスレチック場です。
誰も遊んでいない時に写真を撮りました。
アスレチック

今回初めての試みで焼き芋をしました。
キャンプに来る前からネット上で作り方を鬼のように勉強してきたのでその通りにやってみます。
まずは、新聞紙を濡らして芋を包みます。
それからアルミホイルを二重にして包みます。
↓こんな感じです。
いも

後は火にかけるだけです。
焚き火台に五徳を乗せて、炭で芋の周りを囲みます。
30分経過した時点で一度ひっくり返し更に30分。
この時間が正しいのか分かりませんが、ネットで調べると1時間程度の人が多かったので
その情報を信じて1時間焼きました。
焚き火台

恐る恐るアルミホイルと新聞紙を取ると・・・
いも
いもOK

大成功!!
写真では伝わりにくいのですが、熱々の美味しい焼き芋が出来ました。
1時間という時間は丁度良かったようです。子ども達も美味しいと喜んでいました。
簡単に出来るのでオススメです。

一段落着いて友達家族が帰りました。
寒い中付き合ってくれて感謝です。また機会があれば家族全員で来て欲しいです。
我々は、温泉に行くことにしました。近くの温泉・・・ネットで探しました。
最も近いまにわ温泉が車で1時間。これって、下手したら家に帰れます。
が、家に帰るわけにはいかないので行ってみることにしました。
車に乗ること1時間、やっと着きました。
おんせん
綺麗でした。露天風呂もあって良かったです。
温泉入浴のみで大人700円、子ども400円が通常料金のようですが
私達が行った時は割引中だったようで大人500円、子ども300円でした。
1時間かけてでもここに来て良かったです。温まりました。

お風呂に入った後はキャンプ場に戻りシーフードカレーを食べて寝ました。
二日目は他のキャンパーが居たので結構騒がしかったです。
いつもなら嫌なのですが、昨日が静か過ぎた反動であまり気にならなかったです。
21時42分:アストロドームの中は気温9℃、湿度74%でした。

2012年11月4日

撤収です。寝つきは良かったのですが、夜中寒くて目が覚めました。
天気が良かったのでテントの裏を乾かしました。
乾かす
この裏返し、出来れば二人以上でやってください。
フレームが柔らかいので、一点に圧がかかると折れるかも知れません。
後、飛んでいかないように一本ペグ打ったほうが良いです。

☆妻のキャンプブログ☆←妻もブログをしています。良かったら見てください。



☆個人的感想☆
サイトは広いです。縦列で車2台止まります。サイトに土の部分があって濡れていたので
その部分がメンテされていれば良いと思いました。
アスレチック場はサイトによっては目の前になるので子どもを遊ばせておくことが出来る。
山に囲まれているのでサイトからの景色は無い。
トイレの温水と綺麗さには驚きました。

気に入り度:★★★☆☆

1日目に戻る





2012年9月19日水曜日

キャンプテーブル 軽い! CampersCollection スタイルワンアクションテーブル(WP) OAT-8070



 現在このテーブルをサブで使っているので紹介する。

キャンパーズコレクション スタイルワンアクションテーブル

(幅81奥行70) ウッドプリント OAT-8070(WP)






 キャンプで必要な機能は
・機能性
・実用性
・耐久性
・携帯性
・コストパフォーマンス

いつもどおりこれらで評価してみた。

・機能性
普通。テーブルとしての役割は果たせていると思う。
特別な機能は無いが、足の長さが2段階に調整でき、ハイポジションとローポジションで使い分けが可能。
天板は木に見えるが、実はアルミ。4人家族でちょうど良い大きさか。

・実用性
高い。折りたたんだ状態から使える状態までの時間が慣れれば10秒かからない。
しかも本体がアルミで出来ているため非常に軽い。
キャンプ時に車から荷物を降ろす際、荷物置き場としても活躍する。
耐荷重が書いていないので重いものを乗せる事に抵抗があったが
普段使いで天板が撓んだりする事は一切無かった。

・耐久性
本体がアルミなので錆び難いと思うが、雨が降ると心配。
天板がアルミで一箇所何かに当たったのか凹んでいた。
使用回数が数回で当たったことに気付かない程度で凹むようでは少し心配。
足の伸び縮みは今のところスムーズに動く。時折油をさすと良いだろう。

・携帯性
悪い。本体はアルミで出来ているので軽いのだが、天板が半分にしか折れないので面積が広い。
車で運ぶ以外での持ち出しはやめた方が良いだろう。
半分に折った隙間に何か入れたいと思い、色々試した結果、収納ケースに入れた
ユニフレームのファイアグリルが綺麗に入った。
ファイアグリルは運ぶ際、上に物が置けなかったので、この隙間を使えるのは嬉しい。
ちょうどよく入るが、ファイアグリルが痛むかも知れないので自己責任で試してもらいたい。
キャンパーズ机

・コストパフォーマンス
高い。サブ使いで購入したが設営の手軽さからメインになりつつある。片付けも10秒かからない。
キャンプ場での使用頻度は非常に高く、活躍の場も多い。





2012年9月11日火曜日

蒜山高原キャンプ場1泊目

2012年8月24日

2泊3日で蒜山高原キャンプ場に家族3人で行ってきました。
蒜山を選んだ理由は、連泊のキャンペーンをやっていて、2泊目が半額だったからです。
高原で涼しそうというのも理由の一つです。
蒜山景色

まずはキャンプセンターで受付をしました。
ここのキャンプセンターは物凄く綺麗でした。
サイトは既に決められていたので、地図をもらって指定されたサイトまで行きました。
金曜日にも関わらずサイトは半分以上埋まっていました。人気あるみたいです。
地面は芝。平面で広い!良い感じ。道路に向かって傾斜があるので水はけも良さそう。
サイトにはAC電源無し、流し台無しですが、共同の流しが20m先くらいにありました。
サイト

今回はテント泊2回目という事もあり、テントの設営はスムーズに行えました。
「テントの設営」に限りですが。実は今回デビューのスクリーンタープなんですけど
これの設営は凄く苦戦しました。
ネットでも作りにくいと書かれていたのである程度は覚悟していたのですが
まぁ、時間がかかりました。
モンベル様、説明書はもう少し詳しく書いてください。お願いします。

向かいのサイトが空いていたのでそこで子どもとフリスビーで遊びました。
周りの人達は虫取ったりキックボードやっていたり、アスレチックなどのアクティビティが
無い分、皆がバラバラでそれぞれの遊びをしていたように思います。
一箇所の遊具に集まったりするより、各自が自由に遊ぶスタイルの方が僕は好きです。
フリスビー

夕方になったので食事の準備をします。初日は定番のバーベキューです。
キャンプ3回で100%やっているのでさすがに慣れました。
まずは、ユニフレームのファイアグリルにキャプテンスタッグの火起し器を設置。
炭はユニフレームの岩手切炭を使っています。
岩手切炭だからか分かりませんが、以前使っていたものよりは爆ぜません。炭

今回初めてまともに食事が出来たと思います。段取りも良かった。
バーベキュー

食事が終わると辺りは既に暗かったです。
食事の段取りも良く、時間にも余裕があったので簡単に片づけをした後
サイト内で花火をしました。過激な花火は出来ません。手持ち花火です。
他のサイトでも花火をする人は多かったです。
夜

夜は11時頃まで周りの人達が騒がしかったですね。
僕は寝るのが遅いので全く気になりませんでした。
お酒飲んで0時頃には寝たと思います。

2012年8月24日 10:50pm 21℃ 湿度HI

☆妻のキャンプブログ☆←妻もブログをしています。良かったら見てください。

2日目へ





2012年9月10日月曜日

蒜山高原キャンプ場2泊目

2012年8月25日 5:30am 19℃ 湿度HI

昨日はよく眠れました。扇風機を持参していましたが、涼しかったので使いませんでした。
それにしても蒜山高原キャンプ場の景色は綺麗で癒されます。
景色

朝ごはんは定番のホットサンドです。
写真で分かりませんが、ハム3枚とレタス2枚、チーズ3枚をはさみましたが・・・
あまり美味しくない。レタスが冷たい。調子に乗ってはさみ過ぎました。
ホットサンドを作る場合、大量にはさまない方が美味しいと思います。
あと、写真のパンはミミなしですが、バウルーはミミありでも焼けます。
バウルー

食事を済ませ、蒜山ジャージーランドに行きました。
正確には覚えていませんが、車で10分くらいだったと思います。
キャンプに行く前から子どもが、乳搾りがしたいと言っていたので行きました。
ジャージー牛、凄く綺麗な牛です。私がイメージしている牛とは全然違いました。
ジャージー牛

小さな子でも係りの人が一緒に絞ってくれるので安心です。
乳搾り

蒜山高原キャンプ場の入り口で気になる看板がありました。
じゃぶじゃぶ広場、暑かったので行ってみました。
じゃぶじゃぶ広場

車で3分程度だったと思います。
じゃぶじゃぶ広場とは書かれていませんがここで間違いないと思います。
実は、ここに着く前に通り過ぎて10分程度車を走らせましたが川はありませんでした。
じゃぶじゃぶ

小さい川だけど、子どもがちょっと遊ぶくらいなら良いです。水遊び

その後は、休暇村蒜山高原西館の温泉に行きました。
まぁ、ただの温泉でした。温泉付近はランナーも多かったです。
来月の10月に蒜山高原マラソン全国大会があるからか、練習している人が多いようです。
余談ですが、私もハーフでエントリーしています。

その後キャンプ場に戻ってシーフードカレーを作りました。
夜はまったりお酒を飲んで寝ました。

2012年8月26日 6:40am 21.1℃ 湿度HI

撤収です。昨日もぐっすり眠ることが出来ました。
3日間天候に恵まれて楽しめました。

☆妻のキャンプブログ☆←妻もブログをしています。良かったら見てください。



☆個人的感想☆
テントサイトは広く、芝でペグがしっかり刺さりました。
景色が良く、キャンプの雰囲気は抜群です。
ブヨ(ブト)が出るので、虫除け対策は万全にした方が良いと思います。
朝方は何匹か飛んでいたように思います。

気に入り度:★★★★★

1日目に戻る






2012年9月8日土曜日

明るい! GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー 【明るさ300ルーメン/連続点灯22時間】 EX-313CW

GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー 【明るさ300ルーメン/連続点灯22時間】 EX-313CW




ランタンはキャンプの必須アイテムの一つ。明るいランタンが欲しくて買った。

キャンプで必要な機能は
・機能性
・実用性
・耐久性
・携帯性
・コストパフォーマンス

これらで評価してみた。

・機能性
キャンプでの使用より、家庭での使用のほうが満足出来ると思う。
明るい。キャンプには明るすぎる。
購入後気付いたミス、それは白色LEDだということ。
明るさが日常的というか綺麗な台所の明かりに感じる。
キャンプは暖色LEDの方が雰囲気が出て良いと個人的には思う。
食材の色などははっきり見えるので良いのだが、その場合はランタンではなく
手持ちタイプのライトで十分。
夜トイレに行く場合などは明るくて良いが、テーブルの上に置いて使う場合は
明るくて長い時間見ていられない。

・実用性
やや不満。明かりのモードがHigh Mid Lowの3段階とSOS点滅がある。
電池寿命はHighモードで22時間とメーカーHPでは紹介されている。
私はエネループ単三9本をスペーサーで単一3本に変換して使用している。
点灯と消灯を何度も繰り返して使っていると、22時間はもたない。
全く点かないわけではないが、明らかに暗くなる。
1泊なら耐えられると思うが、2泊以上のキャンプであれば予備の電池を
用意しておいたほうが良いだろう。
ちなみに、同社のEX-777XPはHighモードで72時間の電池寿命。しかも暖色LED。
キャンプ使用であればこちらの方が実用的だろう。

それから、LEDを白色から暖色に変更する事は出来ない。
購入する時はしっかり検討して欲しい。

ランタンの底部分にフックが隠されている。これはテント内でフックを利用し
吊るす事が出来る。吊るす時はカバーを外さないと光が下に分散されない。
実際にテント内でやってみたら物凄く明るかった。

・耐久性
大変満足。防滴使用なので濡れた手での操作など気にする必要が無い。
また、本体は全体的にラバーを使用している部分が多くキズが付きにくいと感じる。
衝撃吸収も兼ねているように思う。プラスティック部分はザラザラでこちらも
キズが付きにくい仕様となっている。

・携帯性
やや不満。縮んだりしないので大きさはどうにもならない。
本体重量がメーカーHPで828gとなっているが、実際に計ってみると
電池込みで700gだった。エネループだから軽いのか分からないが
100g以上軽いのには驚いた。
ジェントスランタン

・コストパフォーマンス
価格は2,000円台と手頃。明るさも申し分ない。
好みの問題となるが、キャンプでの使用であれば暖色LEDをオススメする。
EX-777XPは暖色LEDで価格も安いのでそちらの方をオススメする。






2012年9月1日土曜日

キャンプで扇風機 充電式扇風機 8時間連続動作 LEDライト10灯 リモコン付き 【ブラック】

夏のキャンプは暑い。真夏に外で寝るのだから当たり前といえば当たり前の話。
僕は暑がりなので夏のキャンプに対しては「暑さ」を一番気にしていた。
そこで充電式の持ち運び可能な扇風機を買った。

キャンプに求める能力は下記になるだろうか
・機能性
・実用性
・耐久性
・携帯性
・コストパフォーマンス

これらで評価してみた。

・機能性
満足レベル。涼しいと感じれる。
LOGOSのどこでも扇風機など、風力を実際試したのだが、涼しいと感じれた物は無かった。
充電式はサーキュレーターとしての扱いが多く、扇風機自体が少ない。
また、音が大きいというレビューを見かけるが、特に気になることは無かった。

・実用性
普通レベル。節電対策に合わせて作られたのか、LEDライトとUSB出力を兼ね備えている。
LEDは、扇風機付近の物を探す時に良いのかも知れないが、わざわざ扇風機に充電した電力を
使用するのがもったいないので、そばにランタンでも置いておけば使うことは無い。
USB出力は非常用。もし節電で使用したければソーラー充電を使用するほうが良いだろう。

良い点としては、リモコンが付属されている点。しかも薄くて小さい。
あと、カタログスペックでは連続8時間使用が可能である。実際に8時間連続で回していないが
入り切りを繰り返して2泊のキャンプに何とか耐えることが出来た。運転時間は満足。
横の首振りが設定されているのでテント内ではかなり活躍する。

要望としては、充電時間が約10時間というのは長いのでもう少し短くしてほしい。
後、充電の残量が分かればありがたい。他には、付属のリモコンが本体に仕舞えると良い。
あの小ささと薄さでは無くす可能性が高い。次回のバージョンアップに期待する。
リモコン

・耐久性
不満というか不安。メーカー保証が30日というのはあまりにも短い。
せめて夏を越せるよう6ヶ月に伸ばしてもらいたい。
扇風機と地面が接触する部分に滑り止めのような小さいゴムがいくつか付いているのだが
接着が甘いのかよく外れる。

・携帯性
写真以上に小さくならない。キャンプに持っていくのであれば、届いた時の箱を使って
運ぶことをオススメする。車のトランクをかなり占有するので持ち運びには覚悟が必要。
扇風機輸送箱

・コストパフォーマンス
非常に満足。4,000円台で夏の暑さから開放されるのであれば安い。


購入した商品は既に廃盤となっております。

後継機はこちらになります。


楽天最安値に挑戦!USBポート搭載 多機能充電式扇風機 電池式より充電式扇風機 充電式 5時間連...
価格:3,280円(税込、送料別)






2012年8月28日火曜日

クリエイト菅谷1泊目

2012年7月27日

2泊3日でクリエイト菅谷に家族3人で行ってきました。
人生2回目のキャンプです。

前回のキャンプでは何も用意していなかったのですが
今回は調べに調べてキャンプアイテムを揃えました。
これだけあれば何とかなると思います。
キャンプ道具一式

クリエイト菅谷を選んだ理由は、7月28日に美甘天神祭という花火大会が有るということと
価格が安かったということです。

車に荷物を積んで、初めてのテント泊キャンプのスタートです。
かなりドキドキしました。15時頃に現地着です。
チェックイン

サイトはチェックイン時に受付で管理人の方が
「今日は誰も居ないから好きな所を選んでください」との事。
料金は一緒なのですが、サイトによって大きさや環境が大きく違いました。

私達は最もオススメされたサイトでキャンプをする事にしました。
そのサイトは坂の途中に有るのですが、ほぼ平地で横に川が流れていました。
テントとタープが設営できるスペースと、机、イスが常備されており車も横付け出来ました。
他のサイトを全て見ましたが、ここのサイトが最も使いやすかったと思います。
もちろん川は自由に入れます。山の川はこんなに冷たいのか?と驚くくらい冷たかったです。
サイト紹介

テント泊が初めてという事もあり、設営にかなりの時間を使いました。
テントを張った後すぐに食事の準備に取り掛かりました。

前回上手く出来なかったバーベキューをしました。
今回は、火起し器を用意していたので簡単に炭に火を付けることが出来ましたが
あまりに付きが良かったらしく、10分くらい目を離していると、物凄い火柱を上げて
爆ぜまくっていました。

何とか食事も終わり、子どもと花火くらいはしたかったのですが
そんな余裕は無く早々にテントの中に入りました。
明日が本番なんで早く寝ようと。
クリエイト菅谷1泊目夜

私は普段、テントどころか、ホテルでも寝ることが出来ない変わり者です。
どの程度寝れるのかがキャンプで最も不安なところです・・・

2日目へ

☆妻のキャンプブログ☆←妻もブログをしています。良かったら見てください。






2012年8月27日月曜日

クリエイト菅谷2泊目

2012年7月28日 7:00am 22.8℃ 湿度HI

昨日はやはり眠れませんでした。何度も目が覚めたので寝たのは合計で2時間くらい。
朝方4時頃に、「キーキッキッキッキッキッキキキキィー」という、おそらく鳥だと思うが
ずっと鳴いていた。凄く近くで。テントは汚れていなかったので
真上では無いと思うが、1時間くらい凄いうるさかった。
真夏にも関わらず夜中は少し寒いくらいでした。これは以外だった。
ただ、湿度がずっとHIです。

そういえばテント泊が初めてで、いきなり2泊しています。
昨日はテントサイトに一組も居なかったのですが今日は祭りだし沢山来るだろう。
テントサイトの人達を参考にしたいので早く来てほしい。
テントは居ませんが、横のバンガローやコテージは昨日から沢山の人が来ていました。
バンガロー

これ以上寝れそうに無いので行動する事にしました。
まずは朝食。
朝食はバウルーのホットサンドメーカーで作りました。
具材はレタス、チーズ、トマトとマヨネーズ、それとパン。
パンにはバターを塗りました。肉はありません。(忘れていました)
肉が無いのであまり期待していなかったのですが、これはメチャ美味いです!
肉類が入っていたらもっと美味いと思います。
これは本当にオススメです。食べたことが無い人は是非やってください。
ホットサンド

朝食が終わり、昨日の片づけを少ししてからキャンプ内にある釣堀に行きました。
釣堀は子どものリクエストです。
受付でお金を払い竿と餌を受け取りました。
餌はうどんに黄粉のような物を塗した物でした。
私が針に餌を付けて子どもが釣りをしました。
釣りは未経験の4歳児でしたが、簡単に釣ることが出来ました。
子どもは楽しめたようで良かったです。
釣堀

釣った魚は炭火焼にしました。
魚
この写真を撮った直後だっただろうか。この魚の油が炭に落ちて火柱があがったのは。
ちなみにこのグリル、結構高いです。使用は昨日が初めてです。
火を消そうと思った瞬間、物凄い大きな音と共に大量の雨が降ってきたのです。
その雨の勢いといったらまぁ凄かったです。
すぐ止むだろう。山の天気は変わりやすいってテレビで評論家みたいな人が言っていたし。
僕は火柱を消さぬままサイトに非難しました。

変わりやすいってテレビで言っていたのに、ずっと降っている。
結局2時間くらいサイトの中に入っていただろうか。

その後グリルに戻ったら、黒焦げになったグリルとボロボロの魚、炭が混じった
大量の水が溜まっていました。
山に捨てて帰ろうかと思いました。

しかも、この雨のせいでしょうか、テントサイトはこの後一人も来ませんでした。
僕はこの時誓ったのです。雨が降ると分かったらキャンプはキャンセルしようと。

ようやく雨は降ったり止んだりを繰り返し、勢いも弱まってきたので
車で湯原温泉に向かいました。キャンプ場から20~30分くらいの所にあります。
私は知らなかったのですが、夕方に行くと予約や宿泊客の方が居るので
気軽に入れない場合があるそうです。
総合案内で日帰りで入れる場所をいくつか紹介してもらい行きました。
その中の湯元温泉館という所で家族風呂がたまたま空いていて入る事が出来ました。
キャンプの疲れをとることが出来ました。
風呂

雨は降ったり止んだりを繰り返しましたが、祭りは予定通り開催されました。
美甘天神祭という祭りです。花火も結構上がります。
このお祭りは車で行くことが出来ます。
お子様連れの方には嬉しいのではないでしょうか。
商店街に的屋が並ぶ、僕が小さい時の祭りにどことなく似ていました。
祭

2012年7月29日  6:00am 22.8℃ 湿度HI

湿度は相変わらずHIです。
雨は止んでいましたが、テントその他びしょびしょに濡れていたので
全てビニールに入れて退散しました。

☆妻のキャンプブログ☆←妻もブログをしています。良かったら見てください。



☆個人的感想☆
テントサイトは地面が土でサイトは狭め。AC電源無し。上級者向きだと思いますがその分安い。
夏休みだからか、団体が多く炊事場を占領されたのでその部分は配慮して欲しい。
(キャンパーのマナーが悪かっただけかも)
湿度は高いが気温は低いため蒸し暑さは感じなかった。
次行くとしたらテントサイトは行かない。コテージかバンガローなら行くかも知れない。

気に入り度:★★☆☆☆

1日目に戻る