2012年9月19日水曜日

キャンプテーブル 軽い! CampersCollection スタイルワンアクションテーブル(WP) OAT-8070



 現在このテーブルをサブで使っているので紹介する。

キャンパーズコレクション スタイルワンアクションテーブル

(幅81奥行70) ウッドプリント OAT-8070(WP)






 キャンプで必要な機能は
・機能性
・実用性
・耐久性
・携帯性
・コストパフォーマンス

いつもどおりこれらで評価してみた。

・機能性
普通。テーブルとしての役割は果たせていると思う。
特別な機能は無いが、足の長さが2段階に調整でき、ハイポジションとローポジションで使い分けが可能。
天板は木に見えるが、実はアルミ。4人家族でちょうど良い大きさか。

・実用性
高い。折りたたんだ状態から使える状態までの時間が慣れれば10秒かからない。
しかも本体がアルミで出来ているため非常に軽い。
キャンプ時に車から荷物を降ろす際、荷物置き場としても活躍する。
耐荷重が書いていないので重いものを乗せる事に抵抗があったが
普段使いで天板が撓んだりする事は一切無かった。

・耐久性
本体がアルミなので錆び難いと思うが、雨が降ると心配。
天板がアルミで一箇所何かに当たったのか凹んでいた。
使用回数が数回で当たったことに気付かない程度で凹むようでは少し心配。
足の伸び縮みは今のところスムーズに動く。時折油をさすと良いだろう。

・携帯性
悪い。本体はアルミで出来ているので軽いのだが、天板が半分にしか折れないので面積が広い。
車で運ぶ以外での持ち出しはやめた方が良いだろう。
半分に折った隙間に何か入れたいと思い、色々試した結果、収納ケースに入れた
ユニフレームのファイアグリルが綺麗に入った。
ファイアグリルは運ぶ際、上に物が置けなかったので、この隙間を使えるのは嬉しい。
ちょうどよく入るが、ファイアグリルが痛むかも知れないので自己責任で試してもらいたい。
キャンパーズ机

・コストパフォーマンス
高い。サブ使いで購入したが設営の手軽さからメインになりつつある。片付けも10秒かからない。
キャンプ場での使用頻度は非常に高く、活躍の場も多い。





2012年9月11日火曜日

蒜山高原キャンプ場1泊目

2012年8月24日

2泊3日で蒜山高原キャンプ場に家族3人で行ってきました。
蒜山を選んだ理由は、連泊のキャンペーンをやっていて、2泊目が半額だったからです。
高原で涼しそうというのも理由の一つです。
蒜山景色

まずはキャンプセンターで受付をしました。
ここのキャンプセンターは物凄く綺麗でした。
サイトは既に決められていたので、地図をもらって指定されたサイトまで行きました。
金曜日にも関わらずサイトは半分以上埋まっていました。人気あるみたいです。
地面は芝。平面で広い!良い感じ。道路に向かって傾斜があるので水はけも良さそう。
サイトにはAC電源無し、流し台無しですが、共同の流しが20m先くらいにありました。
サイト

今回はテント泊2回目という事もあり、テントの設営はスムーズに行えました。
「テントの設営」に限りですが。実は今回デビューのスクリーンタープなんですけど
これの設営は凄く苦戦しました。
ネットでも作りにくいと書かれていたのである程度は覚悟していたのですが
まぁ、時間がかかりました。
モンベル様、説明書はもう少し詳しく書いてください。お願いします。

向かいのサイトが空いていたのでそこで子どもとフリスビーで遊びました。
周りの人達は虫取ったりキックボードやっていたり、アスレチックなどのアクティビティが
無い分、皆がバラバラでそれぞれの遊びをしていたように思います。
一箇所の遊具に集まったりするより、各自が自由に遊ぶスタイルの方が僕は好きです。
フリスビー

夕方になったので食事の準備をします。初日は定番のバーベキューです。
キャンプ3回で100%やっているのでさすがに慣れました。
まずは、ユニフレームのファイアグリルにキャプテンスタッグの火起し器を設置。
炭はユニフレームの岩手切炭を使っています。
岩手切炭だからか分かりませんが、以前使っていたものよりは爆ぜません。炭

今回初めてまともに食事が出来たと思います。段取りも良かった。
バーベキュー

食事が終わると辺りは既に暗かったです。
食事の段取りも良く、時間にも余裕があったので簡単に片づけをした後
サイト内で花火をしました。過激な花火は出来ません。手持ち花火です。
他のサイトでも花火をする人は多かったです。
夜

夜は11時頃まで周りの人達が騒がしかったですね。
僕は寝るのが遅いので全く気になりませんでした。
お酒飲んで0時頃には寝たと思います。

2012年8月24日 10:50pm 21℃ 湿度HI

☆妻のキャンプブログ☆←妻もブログをしています。良かったら見てください。

2日目へ





2012年9月10日月曜日

蒜山高原キャンプ場2泊目

2012年8月25日 5:30am 19℃ 湿度HI

昨日はよく眠れました。扇風機を持参していましたが、涼しかったので使いませんでした。
それにしても蒜山高原キャンプ場の景色は綺麗で癒されます。
景色

朝ごはんは定番のホットサンドです。
写真で分かりませんが、ハム3枚とレタス2枚、チーズ3枚をはさみましたが・・・
あまり美味しくない。レタスが冷たい。調子に乗ってはさみ過ぎました。
ホットサンドを作る場合、大量にはさまない方が美味しいと思います。
あと、写真のパンはミミなしですが、バウルーはミミありでも焼けます。
バウルー

食事を済ませ、蒜山ジャージーランドに行きました。
正確には覚えていませんが、車で10分くらいだったと思います。
キャンプに行く前から子どもが、乳搾りがしたいと言っていたので行きました。
ジャージー牛、凄く綺麗な牛です。私がイメージしている牛とは全然違いました。
ジャージー牛

小さな子でも係りの人が一緒に絞ってくれるので安心です。
乳搾り

蒜山高原キャンプ場の入り口で気になる看板がありました。
じゃぶじゃぶ広場、暑かったので行ってみました。
じゃぶじゃぶ広場

車で3分程度だったと思います。
じゃぶじゃぶ広場とは書かれていませんがここで間違いないと思います。
実は、ここに着く前に通り過ぎて10分程度車を走らせましたが川はありませんでした。
じゃぶじゃぶ

小さい川だけど、子どもがちょっと遊ぶくらいなら良いです。水遊び

その後は、休暇村蒜山高原西館の温泉に行きました。
まぁ、ただの温泉でした。温泉付近はランナーも多かったです。
来月の10月に蒜山高原マラソン全国大会があるからか、練習している人が多いようです。
余談ですが、私もハーフでエントリーしています。

その後キャンプ場に戻ってシーフードカレーを作りました。
夜はまったりお酒を飲んで寝ました。

2012年8月26日 6:40am 21.1℃ 湿度HI

撤収です。昨日もぐっすり眠ることが出来ました。
3日間天候に恵まれて楽しめました。

☆妻のキャンプブログ☆←妻もブログをしています。良かったら見てください。



☆個人的感想☆
テントサイトは広く、芝でペグがしっかり刺さりました。
景色が良く、キャンプの雰囲気は抜群です。
ブヨ(ブト)が出るので、虫除け対策は万全にした方が良いと思います。
朝方は何匹か飛んでいたように思います。

気に入り度:★★★★★

1日目に戻る






2012年9月8日土曜日

明るい! GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー 【明るさ300ルーメン/連続点灯22時間】 EX-313CW

GENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー 【明るさ300ルーメン/連続点灯22時間】 EX-313CW




ランタンはキャンプの必須アイテムの一つ。明るいランタンが欲しくて買った。

キャンプで必要な機能は
・機能性
・実用性
・耐久性
・携帯性
・コストパフォーマンス

これらで評価してみた。

・機能性
キャンプでの使用より、家庭での使用のほうが満足出来ると思う。
明るい。キャンプには明るすぎる。
購入後気付いたミス、それは白色LEDだということ。
明るさが日常的というか綺麗な台所の明かりに感じる。
キャンプは暖色LEDの方が雰囲気が出て良いと個人的には思う。
食材の色などははっきり見えるので良いのだが、その場合はランタンではなく
手持ちタイプのライトで十分。
夜トイレに行く場合などは明るくて良いが、テーブルの上に置いて使う場合は
明るくて長い時間見ていられない。

・実用性
やや不満。明かりのモードがHigh Mid Lowの3段階とSOS点滅がある。
電池寿命はHighモードで22時間とメーカーHPでは紹介されている。
私はエネループ単三9本をスペーサーで単一3本に変換して使用している。
点灯と消灯を何度も繰り返して使っていると、22時間はもたない。
全く点かないわけではないが、明らかに暗くなる。
1泊なら耐えられると思うが、2泊以上のキャンプであれば予備の電池を
用意しておいたほうが良いだろう。
ちなみに、同社のEX-777XPはHighモードで72時間の電池寿命。しかも暖色LED。
キャンプ使用であればこちらの方が実用的だろう。

それから、LEDを白色から暖色に変更する事は出来ない。
購入する時はしっかり検討して欲しい。

ランタンの底部分にフックが隠されている。これはテント内でフックを利用し
吊るす事が出来る。吊るす時はカバーを外さないと光が下に分散されない。
実際にテント内でやってみたら物凄く明るかった。

・耐久性
大変満足。防滴使用なので濡れた手での操作など気にする必要が無い。
また、本体は全体的にラバーを使用している部分が多くキズが付きにくいと感じる。
衝撃吸収も兼ねているように思う。プラスティック部分はザラザラでこちらも
キズが付きにくい仕様となっている。

・携帯性
やや不満。縮んだりしないので大きさはどうにもならない。
本体重量がメーカーHPで828gとなっているが、実際に計ってみると
電池込みで700gだった。エネループだから軽いのか分からないが
100g以上軽いのには驚いた。
ジェントスランタン

・コストパフォーマンス
価格は2,000円台と手頃。明るさも申し分ない。
好みの問題となるが、キャンプでの使用であれば暖色LEDをオススメする。
EX-777XPは暖色LEDで価格も安いのでそちらの方をオススメする。






2012年9月1日土曜日

キャンプで扇風機 充電式扇風機 8時間連続動作 LEDライト10灯 リモコン付き 【ブラック】

夏のキャンプは暑い。真夏に外で寝るのだから当たり前といえば当たり前の話。
僕は暑がりなので夏のキャンプに対しては「暑さ」を一番気にしていた。
そこで充電式の持ち運び可能な扇風機を買った。

キャンプに求める能力は下記になるだろうか
・機能性
・実用性
・耐久性
・携帯性
・コストパフォーマンス

これらで評価してみた。

・機能性
満足レベル。涼しいと感じれる。
LOGOSのどこでも扇風機など、風力を実際試したのだが、涼しいと感じれた物は無かった。
充電式はサーキュレーターとしての扱いが多く、扇風機自体が少ない。
また、音が大きいというレビューを見かけるが、特に気になることは無かった。

・実用性
普通レベル。節電対策に合わせて作られたのか、LEDライトとUSB出力を兼ね備えている。
LEDは、扇風機付近の物を探す時に良いのかも知れないが、わざわざ扇風機に充電した電力を
使用するのがもったいないので、そばにランタンでも置いておけば使うことは無い。
USB出力は非常用。もし節電で使用したければソーラー充電を使用するほうが良いだろう。

良い点としては、リモコンが付属されている点。しかも薄くて小さい。
あと、カタログスペックでは連続8時間使用が可能である。実際に8時間連続で回していないが
入り切りを繰り返して2泊のキャンプに何とか耐えることが出来た。運転時間は満足。
横の首振りが設定されているのでテント内ではかなり活躍する。

要望としては、充電時間が約10時間というのは長いのでもう少し短くしてほしい。
後、充電の残量が分かればありがたい。他には、付属のリモコンが本体に仕舞えると良い。
あの小ささと薄さでは無くす可能性が高い。次回のバージョンアップに期待する。
リモコン

・耐久性
不満というか不安。メーカー保証が30日というのはあまりにも短い。
せめて夏を越せるよう6ヶ月に伸ばしてもらいたい。
扇風機と地面が接触する部分に滑り止めのような小さいゴムがいくつか付いているのだが
接着が甘いのかよく外れる。

・携帯性
写真以上に小さくならない。キャンプに持っていくのであれば、届いた時の箱を使って
運ぶことをオススメする。車のトランクをかなり占有するので持ち運びには覚悟が必要。
扇風機輸送箱

・コストパフォーマンス
非常に満足。4,000円台で夏の暑さから開放されるのであれば安い。


購入した商品は既に廃盤となっております。

後継機はこちらになります。


楽天最安値に挑戦!USBポート搭載 多機能充電式扇風機 電池式より充電式扇風機 充電式 5時間連...
価格:3,280円(税込、送料別)