2013年9月10日火曜日

ロゴス エアウェーブマット・シングル-Jのレビューと空気入れ

ブログの最後に、空気を入れる動画を用意しました。空気を入れるのに必要な時間が分かります。是非御覧ください!

ロゴスのエアウェーブマットを使っています。
シングルとダブルを1つずつ持っています。


収納袋に入っています。
本体に対して大き目の袋なので、楽に収納できます。


中には本体の他に、フットポンプが入っています。
このフットポンプはおまけ程度に思っておいたほうが良いです。
実は、ダブルの方にもフットポンプが付いていましたが、使用2回目には既に中のバネがダメになっていました。


マットを広げたところです。
空気を入れる前は凹凸がないため、縦が長くなります。
これは空気を入れることで短くなります。




枕部分に空気を入れたところです。
この製品は、枕と本体の空気室が分かれているので、枕を別で用意するのであれば、枕部分の空気だけ入れないといったこともできます。


本体にも空気が入って完成です。
この時点で、空気が入る前より大分、縦が短くなっています。


凹凸になっているので、空気の量も他のエアベッドより少なくて済みます。
重さが均等に分散されやすいようで、体の一部分だけが沈むといったことはありませんでした。
特に、Wで横に子どもが寝たりする場合、寝返りなどによる動きの影響を受けにくいと感じます。



 空気を入れる動画を用意しました。宜しければ御覧ください! 
 空気がどれくらいの時間で入るのか分かります 




他のエアベッドやマットを試していないので比較はできませんが、テント泊では毎回ぐっすり寝れているので非常に満足しています。

ロゴス(LOGOS) エアウェーブマット・シングルJ




ロゴス(LOGOS) エアウェーブマット・ダブルJ





ちなみに空気を入れる器具は、エアウェーブマット可能かどうかを調べてから購入してください。電池式だと、出力が弱くて空気が入らない物もあります。(経験者です・・・)
私が今回の動画なででも使っている電動空気入れがこちらです。

合理的な機能性。使いやすさ。親しみやすいデザインカラー。手頃な価格帯。【LOGOS・ロゴス】 ...

価格:1,710円(税込、送料別)





0 件のコメント:

コメントを投稿