2014年1月6日月曜日

家族でキャンプ 四国三郎の郷 3日目

2013年12月28日

3日目の朝は雪です。


時間が経つにつれて、雪が強くなってきました。


昨日からテレビで四国の一部区間が雪により通行止めになっているらしく、特に愛媛県は雪が強いとのことでした。

愛媛方面には行かないほうが良さそうです。

荷物が積み終わり、11頃にキャンプ場を後にしました。
岡山に帰る最短ルートが国道438号線だったので、そちらに向かいました。

車で走るにつれて、雪が止んできたので一安心。
しかし、峠に入る手前で【チェーン装着】を促す掲示板が。



チェーンを持っていなかったので一度引き返しました。

しかし、その頃は雪が止んでいたということと、もし無理そうなら途中で引き返せば良いという考えで行きました。

進んで行くと予想通り、雪はほとんど降っていなくて道路にも雪は積もっていません。

「これなら大丈夫」、そう思いながら進んでいきました。

進めば進むほど雪は徐々に強くなっているようですが、少しずつしか強くならないので、「これくらいなら大丈夫、まだ大丈夫、やばくなれば戻れば良い」を繰り返しました。

妻も多少心配していましたが、私の「大丈夫」という言葉を信用しているようです。

5分~10分程度走って、引き返すのも面倒なくらいの頃だったか、前を走っていた大きなトラックが上り坂の途中で停車しました。

前のほうで何かあったのか、もっと先の車も停車していました。

「事故かなぁ?」と言いながら私も停車する為ブレーキを踏むも、物凄くゆっくり後ろに後退しています。

その後、私はアクセルを踏みましたが、それでも車はゆっくり後退します。

横に乗っている妻が「え、冗談?わざと?」と聞いてきます。

車の後退は、意図的なバックの感覚ではなく、自分達の意思とは違うと分かるような感覚です。

「ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ」

気が付けば辺りは真っ白、吹雪のような雪で、道路にも雪が積もっていました。

そのせいでブレーキを踏んでもアクセルを踏んでも車がズルズル下がってしまいます。

妻が「えっ!どうする?」と聞きますがそれに答える余裕はありません。

無理か・・・と思い、バックミラーで今からぶつかるであろう後ろの車を確認したところJAFのトラックでした。
「出来る限りゆっくりぶつかってくれ」と心で念じました。

ぶつかった時の衝撃を考えて、多少体を硬直させました。

そして、覚悟を決めてサイドブレーキを引くと、「トクン」という衝撃が。
多少勢いのついていた車が奇跡的に止まりました。

もしバックでぶつかっていたら、その衝撃で玉突き事故に発展していたかも知れません。
そう考えるとゾッとします。

車が動き出さないようにそっと降りると辺りはこんな状況でした。


私が車を降りた頃、後ろから警察官が歩いて坂の上に向かっていました。

私も状況を知りたいので警察官に続いて上に歩きました。

坂の上では事故をした車と、その事故により通れない車、ノーマルタイヤで走れない車などが立ち往生している状態でした。


坂の上はもっと雪が積もっているようなので、これ以上進むのは無理だと分かりました。

どうしようかと考えながら車に戻ると、妻が「さっき警察の人が来てJAF呼ぶかレッカーしてくださいって言ってたよ」と教えてくれました。

私の後ろの車がたまたまJAFの方だったので、峠などの状況を確認したところ、「ノーマルタイヤでは無理、引き返すのも止めたほうが良いですよ」と教えてくれました。

そのJAFの方は上で発生した事故の為に呼ばれていたようで、道が塞がれていて車では上に行くことが出来ないので、私の後ろに車を止めて歩いて事故現場に向かっていました。

私はすぐにJAFに電話をしてレッカーのお願いをしました。

「1時間ぐらいで行けると思います」との返答を頂き、JAFを待つことにしました。

待つ間、車に乗っていると重さで後ろに下がるかも知れないので、なるべく私は乗らずに外で待っていました。

2時間以上待った頃、後ろのJAFの方が私の車の前に来て、「レッカーします」と言ってくれました。

あれ?「上の事故は大丈夫なのですか?」と聞いたところ、上の車は自走可能ということで、予定を変更し私を積んで頂けるとのことでした。


レッカーに積んでいただいた時は、降っていた雪が止んでいました。

積んで頂いたのはこの辺りです。



峠を越えて、安全な場所まで行っていただくことになりました。

JAFの方に聞いたところ、徳島県でここまでの雪は珍しいらしく、私たちの移動をした後、この峠内で、更に数件の要請が入っているとのことでした。

雪道を軽い気持ちで考えていたことを深く反省しました。

そして、自走できる場所ということで、こちらまで運んで頂きました。



本当にありがとうございました。
JAFに入っていて本当に良かったです。


ここは、さっきまでの雪が嘘のような天気です。

今回のような軽率な行動は深く反省し、冬に雪の降る場所に行くのであれば、スタッドレスかチェーンを購入しようと思いました。

気に入り度:★★★★☆
コテージはとても快適でした。
センターハウスは、できたばかり?と思うくらい綺麗にされていました。
天候が悪くキャンプ場で遊ぶことが出来なかったので、アクティビティの良し悪しなどが分かりません。
今度はテントで夏に行きたいと思います。
もし冬に行くなら、チェーンかスタッドレスは必ず用意します。










0 件のコメント:

コメントを投稿